レジャー ナノSを楽天・Amazonではなく公式で買うべき理由

ビットコインやアルトコインを買ったけど、取引所に置きっぱなしにしてる…

まだまだ、そういう方は多いかと思います。

 

ただ、ビットコインなどを取引所に預けたままにしておくと、ハッキングなどで盗難されるリスクがあることも重々承知ですよね。

 

かく言う私も、取引所に入れっぱなしにしている仮想通貨がありまして…

コインチェック事件をきっかけに保管方法の見直しをしようと思いました。

 

コインチェック事件とは

仮想通貨取引所の大手コインチェックが、約580億円分の「NEM(ネム)」を流出させちゃったアレです。

 

で、仮想通貨の保管方法を色々調べているとハードウェアウォレットが安全ということに辿り着きました。

ハードウェアウォレットをざっくり説明すると、仮想通貨をネットから切り離した所で保管できるデバイスです。

 

そして、仮想通貨ハードウェアウォレットにもいくつか種類がありますが、私は使い勝手が良さそうな

「Ledger Nano S(レジャー ナノ S)」

を購入しました。

 

「レジャー ナノ S」を購入するにも色々注意点などがありますので、この記事では、

 

  • レジャー ナノ Sを正規販売店で買うべき理由
  • レジャー ナノ Sの対応通貨
  • レジャー ナノ Sを公式サイトで購入する方法
  • レジャー ナノ Sの使い方

 

この辺りについて紹介していきます。

 

最初に言っておきますが、Ledger Nano Sを購入する際は、公式サイト(正規販売店)で買いましょう。(理由は後述します)

「レジャーナノS」を公式サイトで確認する

 

レジャーナノSを公式で買うべき理由

暗号通貨ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャー ナノS)」は、楽天Amazonでも販売されています。

 

し・か・し!

 

公式サイトで購入することを強くオススメします。

ここからは、その理由を挙げていきます。

悪意のある第三者の介入を防ぐ

これが公式サイトで買うべき1番の理由です。

 

なぜかと言うと、楽天やAmazonなどには「開封されたもの」「偽物」が出品されている可能性があるからです。

 

素性が不明な出品者から「レジャー ナノ S」を購入してしまうと、公式サイトからの購入と比べ、悪意のある第三者が介入してしまう確率が上がるんですね。

 

実際にあった話ですが、オークションサイトの「ebay」で購入した人が、約5000万円分の仮想通貨を盗まれるという事件が起こっています。

これは、購入前に第三者からハードウェアウォレットに細工をされていたためです。

 

これはオークションサイトでの話ですが、楽天・Amazonでも悪徳業者が横行しているのが問題になっています。

楽天・Amazonが有名だから…という理由で選ぶのはオススメしません。

 

もちろん、楽天・Amazonで販売されている「レジャー ナノ S」が全て危険というわけではありません。

安全性を確実に求めるなら公式サイトが良いよ。ということです。

 

値段もどこで買っても大きくは変わりませんので、私は公式サイトで購入しました。

日本語対応カスタマーサポートが使える

安全に購入できるだけでも十分なメリットなのですが、レジャー ナノ Sを公式サイト(正規代理店)から購入すると、

日本語対応のカスタマーサポート

を使うことができます。(「ledgerwallet専用サポートダイヤル」や「メール」を利用)

 

販売後もサポートしてもらえるのは心強いですよね。

何か不具合があった時にすぐに問い合わせできるのは安心です。

 

また、不良品の返品や交換も対応してくれます。

 

 

以上が「レジャー ナノSを公式サイトで買うべき理由」です。

 

レジャーナノSの対応通貨

安全に「レジャー ナノ S」を買ったけど、保管したい仮想通貨に対応してなかった!泣

なんてことにならないように、購入前に必ず対応通貨の確認をしておきましょう。

 

レジャー ナノSが対応している仮想通貨は以下となります。(2018年2月1日時点)

 

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
  • Ripple(リップル)
  • Stellar(ステラ)
  • Komodo(コモド)
  • Dogecoin(ドージコイン)
  • Zcash(ジーキャッシュ)
  • DASH(ダッシュ)
  • Stratis(ストラティス)
  • ARK(アーク)
  • Expanse(エクスパンス)
  • Ubiq(ユービック)
  • PIVX(ピヴクス)
  • Vertcoin(ヴァートコイン)
  • Viacoin(ヴィアコイン)
  • NEO(ネオ)
  • Stealthcoin(ステルスコイン)
  • Hcash(エイチキャッシュ)
  • Digibyte(デジバイト)
  • Qtum(クアンタム)
  • PoSW

 

現在25種類の仮想通貨に対応しています。

 

また、「MEW:MyEtherWallet」と同期して使うこともできますので、ICOで配布されたERC20トークンも安全に保管できます。

 

今後、対応通貨が追加されることも十分あり得ますので、購入前に最新情報を公式サイトにてご確認ください。

「レジャー ナノ S」の対応通貨を確認する

 

レジャーナノSでネム、リスク、ADAは保管できる?

この記事を書いている時点では

 

  • NEM(ネム)
  • LISK(リスク)
  • ADA(エイダ)

 

これらの仮想通貨には対応していません。

 

レジャー ナノ Sの注意点

レジャー ナノ Sは、保管する通貨に対応したアプリを本体にインストールして使います。

 

そこで1つ注意すべきことは、

「レジャー ナノ S」1台に同時にインストールできるアプリは4~5種類まで

ということ。

 

つまり、さきほど挙げた対応通貨の全てを同時に扱うことはできないということです。

ですので、たくさんの種類の仮想通貨をお持ちで、ハードウェアウォレットでの出し入れを頻繁に使うなら、2台以上持っておくと便利です。

 

そこまで頻繁には出し入れしないよ。

ということでしたら、アプリのインストールとアンインストールを繰り返すことで、

「レジャー ナノ S」1台で対応通貨すべての保管ができます。(ちょっと手間がかかりますが…)

 

レジャー ナノSには仮想通貨自体が保管されているわけではないので、アプリをアンインストールしても仮想通貨は失われません。(レジャー ナノSには秘密鍵が保管されています)

 

レジャー ナノ Sを公式サイトで買う方法

レジャー ナノ Sを公式サイトで買う方法を説明します。

 

少し前までは海外の公式サイトで買う必要があったのですが、今は日本に公式サイト(正規販売代理店)があります。

 

【①公式サイトにアクセス】

レジャー ナノSの公式販売サイトにアクセスします。

レジャー ナノSの公式サイトへ

 

【②レジャー ナノSをカートに入れる】

少し下にスクロールすると「レジャー ナノ S」が出てきますので、左の方をクリックします。

商品情報の下に「数量」を入れて「カートに入れる」をクリック。

 

【③購入内容確認・注文】

「お支払いへ進む」をクリックしたら、請求先の情報・支払い方法を設定し「注文する」をクリック。

 

Amazonのアカウントをお持ちであれば「Amazon Pay」を利用すると、入力の手間が省けて楽です。

私は「Amazon Pay」で支払いをしました。

これで購入は完了です。

 

現在、「レジャー ナノ S」はかなり品薄となっています。

欲しい方は早めに注文することをオススメします。

 

レジャー ナノ Sの使い方

レジャー ナノSの使い方は非常に簡単で、

 

  1. 本体に保管したい仮想通貨のアプリを入れる(Ledger社オリジナルの専用アプリケーション)
  2. パソコンに仮想通貨に対応するウォレットアプリを入れる

 

これだけです。

 

あと、絶対に忘れたらいけないのが

「初期設定」

です。

 

レジャー ナノSが届いたら、まずは初期設定を行いましょう!

レジャー ナノSの初期設定方法を見る

 

この記事を書いている時点では、まだ私の手元に「レジャー ナノS」が届いておりませんので、詳しい使い方は届き次第UPしたいと思います!

 

さいごに

暗号通貨ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャー ナノ S)」について紹介しました。

 

仮想通貨の管理は自分で行う必要があります。

ハッキングで盗難されても取引所の責任ではありません。自己責任です。

 

仮想通貨は大切な資産ですので、できるだけ安全に保管することをオススメします。

 

レジャー ナノSを公式サイトで購入する!

 

コメントは受け付けていません。