舞鶴市長が大相撲巡業で倒れた動画はコレ!人命より大切な伝統って…

人命の価値

 

すでにネット上でかなり騒がれていますが…

 

4月4日に京都府舞鶴市で行われた「大相撲巡業」で、舞鶴市の市長である多々見良三市長が土俵上での挨拶中に倒れました。

 

そのとき救急蘇生のために女性医師と女性看護師の方たちが土俵に上がり、心臓マッサージをしていたのですが…

 

「女性は土俵から降りてください。」

 

と、耳を疑うようなアナウンスがあったようです。

 

このニュースを目にしたとき、私は唖然としました。

1分1秒を争う救急蘇生。

それなのに、相撲の伝統である「女人禁制」を優先し、女性は土俵に上がるなと。

 

人命より大切な伝統とは何なのでしょう。

実際にその時の様子を撮影した動画がありましたので、ここで紹介したいと思います。

 

舞鶴市長の相撲巡業での動画

その動画がコチラです。


ご覧になられましたでしょうか?

 

酷すぎますよね。

緊急事態なのに女人禁制を優先してしまうこの感覚。

 

人命と伝統。

いくら気が動転していたとはいえ、人命より伝統を優先するのは許されないでしょう。

 

あと、救急蘇生を観客に頼らないといけないという「相撲巡業の体制」もおかしいですよね。

 

ここ最近は相撲関係でゴタゴタが続いていますが、色々見直さなければならない時期なのではないでしょうか。

 

最後に、多々見良三市長がご無事であることをお祈り申し上げます。

 

コメントは受け付けていません。